海へ 神戸エルマール文学賞            公式サイト

今年で第11回を迎える文学賞です

10周年記念講演会・シンポジウム無事に開催

暑中お見舞い申し上げます。

ご報告が大変遅れましたが、7月31日(日)の10周年記念講演会・シンポジウムは

無事に開催されました。

基本テーマを「人生と文学」として、

芥川賞作家の村田喜代子氏をゲストに迎え、基調講演「今も昔も小説を書いてきた」 

他、関西の同人誌作家たちと共にシンポジウムがありました。

約150人の方にご来場いただき、その後の懇親会も盛会となりました。

ご参加いただきました、皆さま、ありがとうございました。

また写真と共に、詳細は追ってお知らせいたします。

PageTop

第10回 神戸エルマール文学賞 候補作

第一次選考が行われ、第10回神戸エルマール文学賞候補作が決まりました。

60誌118作品、単行本15冊のなかから以下の12作が選ばれました

(誌名の五十音順)

あるかいど    (大阪市)  56   「雨やさめ」                 小畠 千佳
飢餓祭       (神戸市)  41 「トレース」                    田中 青
せる        (柏原市) 100    「その向こう」                 橘 雪子
雑記囃子     (伊丹市)  20   「筆談の妻」                 稲葉祥子
八月の群れ    (明石市)  60    「遺品」                   山崎真季
別冊関学文藝  (大阪市)  50    「島の生活」                名村 峻
mon        (大阪市)  7    「売れない米屋」              森田哲司

単行本(自費出版)

玉繭        「母娘餅」                後藤康子      澪標   
元 せる      「みくまりの山」             泉 りょう      都朋社
あるかいど   漱石「満韓のところどころ」を読む   高畠 寛      鳥影社
黄色い潜水艦  「うずくまる光」              天野律子     編集工房ノア
播火        「種の記憶」               諸井 学      ほおずき出版

候補作に選ばれた皆さん、おめでとうございます。

PageTop

10周年記念講演会・シンポジウム

10周年記念講演会・シンポジウムのお知らせ

日時 7月31日(日)午後1時~4時
場所 ラッセホール 兵庫県教育会館 (入場無料)
基本テーマ「人生と文学」
基調講演「今も昔も小説を書いてきた」   
    芥川賞作家 梅光学院大学文学部教授 村田喜代子
コーディネーター  八月の群れ          野元 正
パネリスト      作家               村田喜代子
            別冊関学文藝         浅田厚美
            Mon               飯田未和
            イグネア             小倉哲哉
            白鴉               美月麻希

作家の村田喜代子氏を迎え、創作について貴重なお話をお話を伺います。
その後、関西圏で活動する同人誌の編集者、作家たちが「人生と文学」をテーマに熱く語ります。
会員の皆さまには、ご案内を差し上げております。
ご支援とともに、ご参加をお待ちしております。
会員外の方で、参加ご希望の方は、事務局までご連絡ください。締め切り7月23日
事務局 TEL/FAX 078-912-8549

PageTop

工事中です

只今、工事中です。

PageTop

工事中です

続きを読む

PageTop