海へ 神戸エルマール文学賞            公式サイト

今年で第11回を迎える文学賞です

島京子さん「雷の子」出版 お祝いの会

島さん記念会 s
神戸エルマール文学賞の代表、作家の島京子さんが「雷の子」という著書を出版されました。

雷の子
△愛と狂気の女優として、スキャンダルな存在であった女優をモデルに描かれた「雷の子」。他に名篇「母子幻想」
芥川賞候補にもなった「渇不飲盗泉水」も新たに収録されています。まさに島文学の神髄に迫る本です。

4月29日(祝)、神戸ラッセホールで「『雷の子』(編集工房ノア)の出版と地域文化功労者表彰を祝う会」が、開かれました。

朝からの雨模様に関わらず、110人が集う賑やかな会になりました。
出席者には、兵庫県、神戸市を代表する方々が列席され、島さんが長く同人として在籍されるVIKINGの方たち、
島さんを慕う大勢の方たちが集いました。
昨年秋には、長年にわたる神戸市、兵庫県での地域文化への功績を称えた「地域文化功労者表彰」を文部科学大臣より授与されました。当文学賞の創設もその一つです。
そのことを共にお祝いする和やかな会となりました。
記念会写真1 小


これからもますますお元気でご活躍されることを祈っております。
☆本の申し込みは編集工房ノアまで。定価2,200円。電話06(6373)3641 FAX06(6373)3642

☆私は司会を務めさせていただきましたが、スピーチされる方々がすごいのと、人数も多くて緊張しました。
舌が回らなかったり、焦ったりして、十分な進行ができたかどうか、良い経験をさせていただきました。

スポンサーサイト

PageTop