海へ 神戸エルマール文学賞            公式サイト

今年で第11回を迎える文学賞です

10周年記念 第10回 神戸エルマール文学賞受賞式・祝う会

10月30日(日) 神戸ラッセホールにて、第10回 神戸エルマール文学賞受賞式か開催されました。

本賞   「雨さやめ」 小畠千佳 (あるかいど)
佳作賞  「その向こう」  橘 雪子 (せる)
      「筆談の妻」   稲葉祥子 (雑木囃子) 
      [母子餅」 (自費出版本)後藤康子 (玉繭)

の皆さんが、受賞されました。
受賞者
おめでとうございます。

代表の島京子さんの挨拶に続いて、選考委員を代表して野元正さんから講評がありました。
続いて、兵庫県副知事、神戸市副市長、神戸芸術文化会議 神戸新聞社 の方々より祝辞がありました。

今回は10周年ということで、フルート、ピアノ、バイオリンの「まほろばnote」の演奏もお楽しみいただきました。

演奏

10年前、島京子さん、石井亮一さんらのもと、関西の同人誌の作家たちが、手作りで立ち上げた文学賞が10周年を迎えました。
この10年に多くの受賞者の方々を壇上でお祝いさせていただいたことを、誇りにおもいます。
いつもご協力頂いております、関係者の皆さま、会員の皆さまにも、厚くお礼申し上げます。

全体


  

スポンサーサイト

PageTop