海へ 神戸エルマール文学賞            公式サイト

今年で第11回を迎える文学賞です

第9回 神戸エルマール文学賞受賞式 祝う会

10月25日 神戸のラッセホールにて、「第9回 神戸エルマール文学賞」の受賞式・祝う会が開かれました。

本賞は[彷徨える」 (mon)の飯田未和さん、

佳作賞は [用意するにこしたことはない」 (ignea) 岩代明子さん、
       「べた踏み坂」(てくる )  南奈乃さん、
       「鳩の血」 ( 白鴉 ) 美月麻希さん         です。

左から受賞された 飯田未和さん、岩代明子(写真は急病のため代理の方)さん、南 奈乃さん、美月 麻希さんです。

表彰1
おめでとうございます。

例年のように、兵庫県副知事、神戸市市民参画推進局、神戸新聞社、毎日新聞社の方々から祝辞がありました。

会場には約90名が集い、30代40代の受賞者と、その同人誌仲間の方たちが多く参加され、会場も若い熱気に溢れていました。

今回の受賞者は4人とも大阪文学学校の出身者でした。

花束2

選考委員委員を代表して野元正さんから講評がありました。候補作全作に触れたものでした。
そこで、野元さんも語られましたように、この賞は、「同人雑誌」という目立たない文学活動に、光を当てるものです。
また、この賞を足掛かりにして、もっと大きな賞や舞台へと、羽ばたいて頂きたいと、願っております。

下はお祝いの会と、恒例の「赤トンボ」の大合唱です。
祝う会2
赤とんぼ

皆さま、本当におめでとうございます。
また、参加して下さった方々、会員の皆さま、ありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

第8回神戸エルマール文学賞 受賞式・祝う会

第8回神戸エルマール文学賞 受賞式・祝う会が 開催されました。

10月 26日(日) 午後2時~ 神戸ラッセホールにて、約70名が参加し、受賞をお祝いしました。

今年度の受賞者は

本賞  「ナナフシ」        島田奈穂子  (同人雑誌 mon)
佳作賞 「色にさわる」      今野奈津子  (同人雑誌 とぽす)
佳作賞 「ブラッディウエーブ」 葉山ほずみ  (同人雑誌 八月の群れ)

以下の方々でした。おめでとうございます。
受賞者 賞状 トリミング

選考委員を代表して、野元 正さんが、講評を行いました。
受賞作だけでなく、入賞の9作全作にふれた、講評でした。

表彰のあとは、県副知事、市民参画推進局、神戸新聞社の方々から祝辞を、いただきました。

受賞者からは、喜びの挨拶が。

この笑顔を拝見すると、日頃の苦労が報われるようで、ー個人的には大したことはしていませんがー
やはり同人雑誌の作家たちを顕彰していくのは大切なお仕事だと、思いを新にいたしました。

受賞者花束
授賞式 全体
皆さま、おめでとうございます。
ご参加頂いた方々、会員の皆様にも、ありがとうございました。
今年、惜しくも受賞を逃したかたも、ぜひ来年は チャレンジしてください。

PageTop

来週受賞式です

いよいよ、来週授賞式です。


今日は、その準備のための会議でした。

26日は良いお天気だといいですね。

PageTop

第7回神戸エルマール文学賞受賞を祝う会

10月20日(日)14時から 神戸にある ラッセホールにて
第7回の「受賞を祝う会」が開催されました。
島京子代表の挨拶につづいて、選考委員を代表して野元正さんが選評を述べました。
今回は、受賞作だけでなく、8作の候補作全作にふれたものでした。


本賞は「淡路島文学」から 北原文雄さん。
佳作に「AMAZON」から  森沢周行さん。
佳作に「飢餓祭」から     田中青さん。

の三人の方が表彰されました。

地道に同人誌に書いてきた我々にとっては、めったにない晴れの舞台です。
皆さん、本当に嬉しそうでした。

その後、兵庫県や神戸市、また北原さんの関連で洲本市を代表する方々から、祝辞を頂きました。
東京で作家活動をされ、今は、神戸市在住の伊藤圭一さんからも祝辞がありました。

その後、懇親会パーティーでは、各同人雑誌の方たちからもスピーチがあり、
それぞれ、テーブルで交流や、お話に花が咲いていました。
みなさま、おめでとうございました。


☆わたしは、司会などを務めさせていただきました。
 写真を載せようと思い、ご報告が大変遅くなりました。写真の都合がまだ整いませんので
 記事のみで紹介しました。
 神戸エルマール文学賞の運営は、関西圏の同人誌作家たちがボランティアで行っています。
 それぞれ仕事や作家活動の合間をみての作業です。
 いろいろ行き届かない点もございますが、ご了承いただきたく、お願いします。

PageTop