海へ 神戸エルマール文学賞            公式サイト

今年で第11回を迎える文学賞です

第11回  第一次選考作 発表

第一次選考が行われ、第11回神戸エルマール文学賞候補作が決まりました。

100誌(同一雑誌を除くと50誌)小説510、エッセイ488作品。自費出版単行本8冊のなかから34誌75作品・8単行本に絞り、その中から下記のように7作品が選考されました。


1 雑誌作品
(誌名の五十音順)

あべの文学  (神戸市)  23   「鳴き砂」              岩崎可奈
繋(けい)    (吹田市)        11(別冊)「チャイニーズ・ボックス」      佐久間慶子

VINKING   (和歌山県高野町) 792~795 

                「インド音楽ライブハウスあしゅん」    大西咲子 

八月の群れ  (明石市)   63    「事故物件」               山咲真季
別冊関学文藝 (大阪市)   53 「落下する夕暮」             名村 峻

法螺     (交野市) 73~74 「風立つ日々」-マリオー                         高山順子

港の灯    (神戸市)   9  「紅と朱と伽羅と」           赤松史恵 


2単行本(自費出版) 該当作はありません


以上、 選考を通過された皆さま、おめでとうございます。

二次選考は8月下旬の予定、9月中旬には、結果をお知らせいたします。   




スポンサーサイト

PageTop

第11回文藝講演会のお知らせ

神戸エルマール文学賞 第11回文芸講演会
ご参加をお待ちしております。

■ 日時 2017年7月30日 (日) 13時~15時00分 (無料)
 基本テーマ「抒情が生まれるまで」  
 法政大学文学部教授 大阪芸術大学客員教授・作家 中沢 けい
会場―ラッセホール 
兵庫県教育会館 078-291-1117 〒650-0004 神戸市中央区中山手通4丁目10-2

■主催―神戸エルマール文学賞基金委員会
■後援―兵庫県/神戸市

 懇親会 15時~16時00分 会費3,500円  (飲み物、お食事付き)
 ☆事前に予約が必要です。また、前日、当日のキャンセルは会費を申し受けます。

■問合せ先―神戸エルマール文学賞基金委員会事務局
TEL&FAX 078-912-8549 〒673-0841 明石市太寺天王寺4-2

PageTop

しばらくお待ちください

基金委員会は現在、7月の講演会の準備と第11回文学賞の準備を進めております。
しばらくお待ちください。

PageTop

しばらくお待ちください

只今工事中です。

PageTop

第11回 募集要綱

応募の季節が近づいてきました。第11回の募集要項をアップします。

まだ同人誌などの出版物を送られてない方は、事務局までお送りください。

・対象は近畿圏(兵庫、大阪、奈良、滋賀、京都、和歌山)で発行されている同人誌です。
(定期的に 送府されている場合、同人雑誌評のある媒体に送られている場合、評に評にかかっている場合は、こちらにも雑誌があります)

神戸エルマール文学賞 第11回 募集要項
目的  同人雑誌に拠る作家の活動に脚光を当て、優秀作品を顕彰し、かつ同人雑誌運営の努力に報いる。
対象
・近畿圏において発行されている同人雑誌に発表された小説、文芸評論、エッセイ等、散文作品。
・同人雑誌に拠る作家たちの小説、文芸評論、エッセイ等の自費出版物。
応募方法2016年4月から2017年3月までに刊行された上記同人雑誌、ならびに自費出版物を、神戸エルマール文学賞事務局あてに送付する。3部。
・応募締め切りは2017年4月末
表彰・賞状と副賞30万円  ただし同人雑誌掲載作品は、作者個人に25万円、同人会に5万円。
自費出版物は著者に全額。
・賞が2点に及ぶ場合はその半額。佳作賞が選ばれる場合は記念品贈呈。

選考委員               
  浅田厚美 大塚 滋  島 京子  野元 正 三田地 智  舟生芳美

発表  2017年9月、各新聞紙上。インターネット。機関誌『エルマール』第8号
主催 神戸エルマール文学賞基金委員会

応募・お問合わせ先  〒673-0841 明石市太寺天王町4-2 野元正 方
  神戸エルマール文学賞事務局 TEL090―1892―8443  FAX078―912―8549








PageTop